通信関連の無線LANを自宅に接続

subpage1

通信関連の無線LANを自宅につけるには、Wi-Fiルーターを使用することでインターネットの回線経由でタブレット・スマホなどのネット通信を可能にします。



通信速度については自宅で契約している通信関連無線LANの種類と、Wi-Fi通信規格によって決定されます。

スマホ単体では様々な規格がありますが、高速通信は可能になっていて契約により通信容量の制限があります。
限度量を超えることによって、速度制限がかかってしまうケースもあるので気をつけます。



通信関連の無線LANで自宅のインターネットとスマホを接続することで、通信料を気にすることなく動画や音楽などを楽しむことができます。


Wi-Fiで繋いでいる機器同士には、データの共有ができるものもありますが自宅で共有しているパソコンに入っているデータに関しては他の部屋のパソコンからアクセスし動画・画像もシェアすることができます。
データのやり取りはパソコン同士には限らず、Wi-Fiルーターを活用しているネットワークの中で行うことも可能になっています。プリンター1台に接続しておくことで、スマホやタブレットを含めての機器からデータwp伝送し印刷までしてします。


またテレビやオーディオ機器を便利に使うことができ、それがルーターのメリットとなっています。テレビ・レコーダーをWi-Fi経由にして、スマホから操作できる機種も存在しています。リモコンがすでに必要ではなく、常に持っているスマホから操作できることは画期的です。