自宅の通信関連管理に無線LANを

subpage1

パソコンやスマホ、タブレットが普及してすでに20年以上となりどのご家庭にも一台のパソコン、一人に一個のスマホという時代に成りました。

当然自宅にも通信関連のシステムは必要不可欠になりつつあるわけで、昔の様な有線に頼り切っていると成るとさすがに手が回らないとかリフォームが必要不可欠という状況かと思います。

特に大きい家に成ればなるほど、その改良や手間、そして何よりコストは莫大な者となります。


そんな自宅の通信関連事情を解決するのが無線LANとなります。



無線LANを使うメリットは当然有線ではないので電波を遮断する物が無い限りは人の生活空間を邪魔することなく配置できるという事、そして現在ならルーターなどを使うことで大掛かりな工事などを必要とせず、ご自宅の条件にもよりますが簡単な機材といくつかの電源、その機材を置く小さな区画があれば設置可能という事です。


当然、その反面でデメリットが無いわけではありません。



一番は距離と関係なく遮断する物があると通信回線が悪くなってしまう事です。



これは自宅の壁の材質や近くの建物の回線の影響を受ける可能性があるので、どうすれば必ず大丈夫という対策は余りなく、ご自宅自体や周辺の状況を業者などの人に見てもらうのが一番無難です。

次いでデメリットとなるのは安定性の問題です。最近の無線LANは高性能になっていますので、あくまでも有線と比較した場合ですが、有線の安定性に比べると偶に接続がもたつくなどという程度なので、そこまで悲観するデメリットではないかもしれませんが、重要な案件を急いで確実に行いたい場合には無線機器だけでなく、有線と無線を同時に配置できるタイプもありますので別に有線接続を準備するなどすると安定性の不安を解消できます。
通信関連にもたくさんの選択肢がありますので、安易に無線だから不安と思わず知識のある方に相談するのが賢明です。