• 市川市内での葬儀について

    市川市は東京湾に面し、県庁所在地である千葉市とも近く、県内のなかでも雰囲気としてはかなり都市化されたところといえます。

    評判が高い市川の葬儀に関するご質問を解決いたします。

    そのため、市川市内で執り行われている葬儀を見ると、全国的にスタンダードとなっている葬儀のありかたと、それほど大差はないのが実情です。


    たとえば、葬儀は通夜と告別式が別々の日取りにわかれていて、それぞれに菩提寺から招かれた僧侶が読経を行うとともに、参列者は焼香を行うのが一般的な姿です。

    亡くなった人を火葬するタイミングは、通夜と告別式がすべて終わったあとが普通ですが、地域によっては、通夜のあとで火葬してしまい、告別式は遺骨の状態で執り行うことがあり、このあたりは住んでいる地域の風習にしたがう部分です。

    Girls Channelの専門サイトのココです。

    亡くなった人が現役で会社に勤務していた場合などには、会社の重役をはじめとする、社会的な地位の高い人が参列することがあります。

    この場合は、特に指名焼香として、霊前において焼香をするときにその肩書と氏名を紹介し、他の葬儀の参列者に先立って焼香をしてもらうのが通例となっています。



    市川市の場合には、自宅のなかで葬儀を執り行うよりも、適切な規模をもつ葬祭ホールを期間中だけ貸し切って、そこを式場とすることが多くなっています。

    市内でも住宅団地の内部は道路も狭く、交通渋滞がおこりやすくなるほか、駐車場の台数も不足しがちなことから、あらかじめ駐車場が整備され、立地環境も良い葬祭ホールが好まれるのは理由のあることです。