• 市川の葬儀 火葬場での過ごし方

    市川の自宅で葬儀を行う場合は、遺族や親族たちが火葬場に向かっている間祭壇の片づけや遺骨を迎える準備のため、お手伝いの方に自宅に残ってもらうようにお願いをします。

    しかし市川の葬儀社で行う会館葬の場合、その必要はありません。


    葬儀社のスタッフが初七日法要や、精進落としの準備をしておいてくれます。

    市川の葬儀を知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

    火葬場に到着するとまず霊柩車から棺がおろされます。

    そのあと告別室または炉の前などに、棺がおかれます。

    Yahoo!ニュース情報の失敗しない選び方を紹介します。

    仮祭壇がありますのでそこに位牌と遺影をおいて、僧侶による短い読経の後遺族親族による焼香を行います。棺の窓から故人と最後のお別れをした後、全員で合掌して故人が炉に入るのを見送ります。故人が炉に入っている間控室で2時間くらい菓子をつまんだり、飲み物を飲んだりして待ちます。



    茶菓子や飲み物は遺族のほうで用意しますが、場所によっては火葬場の売店で購入できるところもありますので、確認しておいてください。市川の葬儀社が手配してくれる場合もあります。

    遺族親族が集まっているこの時間を使って、この後の精進落としに参加する人数に変更はないか再度確認を取って、最終決定にします。

    もしこの時点で変更があればまだ間に合う可能性はあります。


    控室での過ごし方として心がけておきたいのは、僧侶の接待をすることです。
    遺族や親族から積極的にコミュニケーションを取ってあげるようにしないと、僧侶は一人ぽつんとしてしまいます。
    故人の思い出話やこれからのことなど世間話をしながら、僧侶との関係を深めるいい機会にしてください。